FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、『面白くないのか』を     考察してみる。


※ネタばれあります。
映画見てない方はご承知の上ご覧下さい。

ドラゴンボールZ 復活の「F」
ようやく見ました♪あ、DVDです♪

f00.jpg
※画像勝手に使ってごめんなさいm(_ _)m

前回の『神と神』に続いて、
ドラゴンボールファンなら
避けては通れない映画でしょうね。

さて、見た感想ですが、面白かったです。
進化したフリーザやスーパーサイヤ人の
さらに進化した姿など、新しい要素がありましたから。
まさか、亀仙人が参加するとは思いませんでしたが。

で、本題。

パーツで分けると面白い要素はあるものの、
一通り見てみると、なぜか『面白くない。』

なぜでしょう。
昔のドラゴンボールと比較するからでしょうか?
現代の規制に合わせているからでしょうか?
年齢のせい?

そこんとこちょっと突っ込んでみます。

【ターゲットはどこなのか?】
どの顧客層をターゲットにしているのでしょうか?
逆刃刀を持ったるろうにの剣客みたいに、
敵を殺さない描写を明確に描いているので、
子どもは必ず該当します。
規制のせいだとは思いますが…。

懐かしいキャラ(亀仙人・天津飯・クリリン)が
闘うシーンがあるので、子どもと一緒に見る父母も
視野に入れているでしょう。
恐らく当初のテレビ放送は20数年前ですよね。
自分も含めて、その頃テレビで見てた方達は
今では立派な父・母の年代でしょう。

他にもいろいろあるのですが、
色々考えると、結局【全年齢】ですね。
あとは省きます。

【フリーザは強かったのか?】
今回の主役は間違いなく『フリーザ』です。
強さにおいては、やはりほかのキャラより一段上を
行かなくてはなりません。
『神と神』のときの破壊神ビルスは圧倒的な違いを
見せました。
悟空が敵わないんですから。
ちょっと話は逸れますが、この辺りが当初テレビで
見ていた自分は受け入れられません。
当時のイメージは、『悟空が最強』でしたから。
まぁ、世代間のズレですから、しょうがないですが。

で、話を戻します。
フリーザ、進化はしたものの、強さはなんと『互角』です。
映画でもあるように、悟空とベジータが
タッグを組めば勝てるんです。しかもビルスもいる。
つまり、脅威でもなんでもないんです。
これ、面白い要素ないですよね。
溜めに溜めて『復活』した姿が『互角』ですから。

苦戦して、ピンチになっても、更に強くなって倒す。
以前のドラゴンボールのパターンです。
今回は全くそれがありません。
更に追い討ちをかけるように、
『パワー』とか『体力』とかで強さの構成の話を
始めてしまいます。それも『悟空』が。
悟空が理屈を述べる…いや、新しいんですが
そんなストーリー見たくない…。
強い奴は強い!みたいなものが微塵もないんです。。。

まとめると、
【年齢別に合わせた見所要素がない】
【脅威がない=ワクワクする部分が無い】
【強さについて複雑】
と自分は思いました。

と、愚痴だけ綴ってもしょうがないので、
じゃあ、どうすれば自分の世代が『面白い!』と
感じるのかを提案してみます。

面白くなかったらごめんなさいm(_ _)m

①単純にする
【強い奴は強い】を表面に出します。
つまり、フリーザを悟空やベジータより
確実に強く設定します。
強さの考察をする必要がない程に。
別にビルスより弱くても構いません。

②ワクワクする部分(脅威)を作る
フリーザを2段階変身にさせます。
つまり、フリーザは『ゴールデン』を更に進化させるのです。

③ストーリーを見直す
『殺さない』『良きライバル』を残したまま
より単純に、ゴールを見直します。

この3点を組み合わせた概要がこちら↓

【Ⅰ】
ゴールデンフリーザは悟空やベジータと互角。
しかし、フリーザはもう1段階変身を残していた。

f04.jpg
(個人的にはブラックフリーザがよかったのですが)
※画像勝手に使ってごめんなさいm(_ _)m

『サファイアフリーザ』とでも言いましょうか。。。
悟空やベジータと同系色の色です。

【Ⅱ】
悟空・ベジータ、単独で闘い完敗。
『しょうがない、地球のためだ』→タッグを組む。

【Ⅲ】
タッグを組み、何とかフリーザを追い込む。
でも、2人で倒したので、納得いかない。
悟空・ベジータ
『今度は1人で倒せるようになるから、それまで待ってろ。』
と、やられかけのフリーザに暴言。なんと殺さない。
フリーザ唖然。悟空に対して
『やっぱりあなたは甘さが…』とかなんとかグチグチ。
ウィス、フリーザに共感。

【Ⅳ】
で、ビルスとウィスの登場。
悟空に頼まれて、他の宇宙にフリーザを
移動させるように食べ物で釣られる。
自分達が強くなってフリーザと互角に闘えるまで。

フリーザを地球に残すわけにもいかないので、
ビルスとウィス、これを了承。
フリーザを別の宇宙に連れて行く。

ビルス『やれやれ、破壊神が何やってんだか…。』

【Ⅴ】
で、地球は平和。
フリーザは良きライバル。また登場のチャンスも作れる。
悟空とベジータは打倒フリーザの為、
そして更に高みを目指して修行の毎日。


フリーザの強さも誇示できて、良きライバルの仲間入り。
脅威もある。強い奴は強い。ハッピーエンド♪

強さについて考える必要も無い。単純ですよね♪

こんな映画、望んでます♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

懐かしさから私は映画館で観ました。
感想は同じく少し微妙でしたね。

ギャグ要素は良いとして、あまりフリーザ様の強さが感じれなかったのは大きいですね。今までの映画だと、とりあえず敵は圧倒的に強かった印象があるのですが、みんな「危機感が足りない」印象を受けましたね。単純ですが、「絶望感からの大逆転」に子供のころはワクワクしていたのだと思います。

No title

>さつきさん

コメントありがとうございます♪
「危機感が足りない」まさしく言葉通りですね♪
今の子どもたちは映画を見てどう思っているんでしょうかね。
少し知りたいところです(´・ω・`)
BGM
プロフィール

fami bom

Author:fami bom
我らが~母校~♪

最新記事
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。